« 「スクール・オブ・ロック」(ネタバレ) | トップページ | 「バック・ビート」(ネタバレ) »

2006年5月 5日 (金)

「エンパイア・レコード」(ネタバレ)

今回のシネマは「エンパイア・レコード」です(誰か知ってる?)。

エンパイア・レコード スペシャル・エディション DVD エンパイア・レコード スペシャル・エディション

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2004/09/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前回の「スクール・オブ・ロック」で好評をいただきましたので、音楽のステキなシネマを選んでみました。

こうして、ブログなんぞ書いてみると、自分のシネマ選定基準は役者と音楽なんだなぁ~とつくづく思います。

「告発」のケビン・ベーコンとか「モンスター」のシャーリーズ・セロンとか「きっと忘れない」のマドンナとか「グーニーズ」のシンディ・ローパーとか・・・役者と音楽がかみ合った上で、ストーリーが良くできているとステキなシネマという感覚になるようです。皆さんの基準はいかがですか?

まずはストーリーを。

~ストーリー~

深夜12時まで営業している老舗レコード店「エンパイア・レコード」に勤める、個性的な店員たちの日常をを描いた青春群像コメディ。
   昨日の売上9000ドルが閉店係のルーカスとともに消えてしまったことでパニックに陥っている店長。画家志望のAJは、同僚のコリーに告白しようと決意しているのだが、当の彼女は往年のスター歌手・レックスがキャンペーンで来店することで胸躍らせ、ついには彼にヴァージンを捧げると、親友のジーナに宣言する始末。そんな中、店が大型チェーン店に買収されるとの噂がたち…(Amazon)。

この映画を見たのは高校生くらいの時だったように思います(歳がバレる・・)。

偉大なるAERO SMITHのヴォーカリスト、スティーブン・タイラーの愛娘リブ・タイラーが出演しているというだけで手にしたシネマ。

これが意外にもよくできた青春映画だった上に、作中に流れる音楽がどれもステキで感動しました。

見終わって、感動する、涙する、考えさせられる、といった類のシネマではなく、明るくなる、楽しくなる、踊りだすという表現がぴったり当てはまるシネマです。落ち込んでるときなんかにおススメですね。

サントラだけでも楽しんでいただけると思うので、連休でシネマ疲れしている皆さんにご紹介しておきます。

goo映画

映画生活

「つっぱしる青春映画!! 」 from カラテキッド

「私は音楽映画が好きで、青春映画が好き。」 from chisato Inuo

|

« 「スクール・オブ・ロック」(ネタバレ) | トップページ | 「バック・ビート」(ネタバレ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84028/1682934

この記事へのトラックバック一覧です: 「エンパイア・レコード」(ネタバレ):

« 「スクール・オブ・ロック」(ネタバレ) | トップページ | 「バック・ビート」(ネタバレ) »